スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
第2ラウンド総評
さあ、いよいよ決勝ラウンドが始まります。

予選第1ラウンドとは打って変わり第2ラウンドはじっくり芝居を見せる劇団が揃いました。
奇しくも決勝ラウンドに進む団体は一切笑いのない芝居。
この企画の意図として笑わせるだけがすべてではないというのを体現して頂き本当に嬉しく思います。


これで決勝ラウンド進出は
1週目「超人予備校」「たなべとはまべ」
2週目「カンセイの法則」「カラ/フル」

簡単ですが総評です。あらすじは割愛します。

○吉田商店「くまーまん物語」
ぬいぐるみを使って生声でアドリブを入れていく手法は他ではなかなかないので面白い。クマが人間になって出てきてからの展開が広りが欲しかった。しかしながら、初日、これほどアウェイな吉田商店を見たことがない。笑いが取れるはずのところで笑いが取れないもどかしさ。それを2日目には見事に修正できるところはさすが。

○カラ/フル「羽根のない女」
冷え切った夫婦の空気感。淡々とた会話と人形たちの繰り出す雰囲気が効果的。
演劇的手法として飽きない工夫が散りばめており、淡々と進みながら徐々に引き込まれてしまう。
演劇は笑いだけではないということを体現してくれた作品。

○短冊ストライプ「ウルユス」
ユーストリーム配信のシーンがもっと練られていれば観客の心はつかめたはず。
ひとつひとつのこだわりは分かるが主人公の心の葛藤が最初と最後の叫びだけでは伝わらない。
漫才やパネルトークの部分の工夫ももう少し欲しい。

○Commom Days「天気予報を見ない派」
元恋人との微妙な関係性がもう少しでればと思う。女性の吸い込まれるような透明感と小悪魔的な怪しい雰囲気が出せてば空気がもう少し変わるはず。
効果音も前半は緊迫感を出すが20分間の内で一山ほしい。

○カンセイの法則「言えない言葉」
劇中劇での男女の役の切り替わり。言葉にならない微妙な空気感。そしてラストの展開。作品としての完成度が高い。作品としては安定している分、バトル形式ということを考えると2度3度見たくなる工夫が欲しい。

○エルシノア「寸劇集 宇宙の地図」
勢いのある寸劇集で初日は観客を圧倒。話は漫画のパロディで特に内容はない。
彼らの持っているポテンシャルが観客に伝わるかどうかが勝負。ラストに作品にもう一つ感情移入できる何かがつかめれば決勝進出もありえた。実に惜しいが次に繋がる何かを得たはず。


スポンサーサイト
[2013/03/13 13:36] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<いよいよ、決勝ラウンド! | ホーム | 予選ラウンド 2週目結果発表!!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://shortactbattle.blog.fc2.com/tb.php/34-258da217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。